冠動脈CT検査




【冠動脈CT検査の特徴】

 冠動脈CTでは心臓の栄養血管である冠動脈の走行や狭窄、プラークや石灰化の有無を評価することができます。

 以前までは心臓カテーテル検査でしか冠動脈の走行や狭窄は評価できなかったのですが、造影剤(ヨード造影剤)を静脈注射し、心電図に同期させてCT撮影することで外来で検査・評価可能となりました。

 また心臓の弁、心内血栓、心臓腫瘍、大動脈疾患などの評価にも役立ちます。



メリット